転勤族サウナ愛好家の小規模な生活

関西出身の熊本在住サウナ愛好家。大学進学でおんせん県、就職し彩の国→かごんま→くまモン県と津々浦々と渡り歩く。ホームグラウンドは湯らっくすのギリギリアラサーで二児の父らしい。日々あったことをつらつらと書き連ねていきます。

熊本の米どころ菊池市に佇む名店、七城温泉ドーム

熊本県の北部に位置する菊池市。古くは氏族である肥後菊池氏がこの地を治め、文化的発展も見せたという(ちなみに、西郷隆盛は菊池氏の末裔といわれる)。

江戸時代以来、菊池川を有する肥沃な土地に恵まれ、穀倉地帯として発展。現代でも熊本の一大米どころであり、菊池米は度々特Aに輝くなど全国的な評価を受けている。他にもメロン・ゴボウの栽培や畜産が盛んであり、熊本の台所を支える土地と言っても過言ではない。

そんな菊池市七城町にある七城温泉ドーム。この施設は豊富なお湯の種類に熊本屈指のスチームサウナに合わせてドライサウナのセッティングも素晴らしく、全国に誇れるレベルの熊本サウナの雄である。

 

七城温泉ドーム

住所…熊本県菊池市七城町林原962-1

電話…0968-26-4800

営業時間…10時~翌朝7時

公式ホームページ

http://www.onsendome.com/sp/index.html

f:id:DDDtenkinzoku:20190919171742j:image
f:id:DDDtenkinzoku:20190919171817j:image(七城温泉ドームへライドオン!ドーム型の作りで浴場は清掃が行き届いて綺麗。公式HPより転載)

七城町の由来となった菊池氏の居城である菊池十八外城を模したお城が施設の横に聳え立つ。施設はドーム型の作りになっていて、温泉ドームという名前はここからきているのかも。入口にある券売機で入浴料330円を払って入店。浴場に入るとビックリするのが、非常に清掃が行き届いて綺麗だということ。またシャンプー、ボディソープも備え付けというサービスの良さ。地方の温浴施設とは思えないアメニティの充実が嬉しい。

f:id:DDDtenkinzoku:20190919171811p:image
f:id:DDDtenkinzoku:20190919171757p:image(写真下の露天の歩行浴では爺さん達がぐるぐる水中ウォーキング。写真は無いが、バイタル湯にも蕩けた爺さん達が多数)

内湯にはバイブラ、電気風呂などに加えて不感温度で長く入れるバイタル湯、そして2種類の水風呂。露天には歩行浴に足ツボとバリエーションが豊富過ぎて330円という値段に驚愕せざるを得ない。僕の妻は一緒に行った際に「お湯がいっぱいあってすごく良いけど、やっていけてるのかな…」とずっと言っていた。本当にコスパが良過ぎる施設である。
f:id:DDDtenkinzoku:20190919171751p:image(綺麗で広いサウナ室。1人用サウナマットも入口に置いてあるのが嬉しい)

サウナは30人は入れるくらいの広さ。地方の温浴施設にありがちな清掃があまりされていない感じは全くなく、非常に綺麗なサウナ。熱がしっかり対流しているため、80度そこそこのセッティングなのに圧もしっかり感じられる。もちろん、発汗は良好。入口に1人用サウナマットやクーラーボックスに入った氷がサービスがあるのも嬉しい。本当に330円とは思えないくらい痒い所に手が届くサービスだ。


上記した様に水風呂は17〜18度の低温と22度ほどの高温の2種類。水質も米どころだから言うまでもなく良き。日本名水百選に選ばれた菊池渓谷を源流にもつ菊池川に近いから、水質の良さは当然とも言うべきか。高温と低温の2つあるのはサウナ初心者には非常に嬉しいはずだ。また、不感温度でずっと入ってられるバイタル湯を水風呂代わりに利用するのもオススメ。七城温泉ドームのバイタル湯は非常にクセになるため、是非とも試してみて頂きたい。

 

また写真が無くて残念だが、七城温泉ドームのミストサウナはかなりのクオリティの高さだ。壁一面にビッシリと埋め込まれた備長炭、天井のスプリンクラーからミストがとめどなく注がれている。温度も十分にあり、身体の芯から温まることが出来る素晴らしいミストサウナ。個人的には熊本屈指のレベルだと思っている。身体に塗る用の塩があれば敵無しだが、330円の安さにこれ以上を求めるのは野暮だろう。ちなみに、我が娘のサウナデビューを果たしたミストサウナであるため、僕にとっては思い入れの強い場所なのである。

f:id:DDDtenkinzoku:20190919171804j:image(手作りのアイスはどれも美味だが、名物の七城米アイスを食べるべし!)

サウナ上がりには売店に売っている手作りアイスを食べて頂きたい。ダブルで300円とこちらも破格の値段。どの種類を選んでも美味だが、ここは名物の七城米アイスを食べるべきだろう。日本酒を思わせるような芳しいほのかな香りにサッパリとした後味がサウナで火照った身体を内側から癒してくれる。アイスの中に入っているクラッシュした七城米の食感も面白い。甘いものが苦手な人でもペロリといけるだろう。

また七城温泉ドームは家族湯や障害者向け温泉、宿泊なども備わっているため、家族で訪れても間違いなく満足出来るはずである。熊本市内から車で1時間ほどかかるが、是非とも七城温泉ドームのクオリティと破格のコスパを体感して欲しい。