転勤族サウナ愛好家の小規模な生活

関西出身の熊本在住サウナ愛好家。大学進学でおんせん県、就職し彩の国→かごんま→くまモン県と津々浦々と渡り歩く。ギリギリアラサーで二児の父らしい。日々あったことをつらつらと書き連ねていきます。

熊本屈指のスチームサウナと球磨川水系の水風呂が最高!五木村温泉夢唄

球磨郡北部に位置する五木村。村全体が九州山地の山岳地帯にあるため、深い峡谷が縦横に走る急峻な地形が特徴で総面積の96.2%を山林が占めるため、林業が盛んな地域。また熊本を代表する民謡の一つである「五木村の子守唄」の発祥の地である。そんな五木村にある夢唄。熊本屈指のスチームサウナを有する銘店だ。

 

五木村温泉夢唄

住所…熊本県五木村 甲2672-54

電話…0966-37-2101

営業時間…11時~21時

入れ替え…毎週水曜日入れ替え
定休日…火曜日
入浴料…大人  400円
    小学生 200円

ホームページ…https://www.itsuki-bussan.net/onen

f:id:DDDtenkinzoku:20200328114858j:image
f:id:DDDtenkinzoku:20200328115231j:image

五木村温泉夢唄は道の駅の側にある施設で運営も道の駅。入口の自動ドアには幻の柑橘「くねぶ」のポスターが。残念ながら館内の特産品コーナーには販売して無かったため、真相が分からず。くねぶって何?

f:id:DDDtenkinzoku:20200328114854j:image
f:id:DDDtenkinzoku:20200328115216j:image

暖簾を潜ると五木村の議員であった方から大量のトラクターの模型が寄付されたようで展示している。働く車が大好きな男の子、大きなお友達には堪らないコレクションだろう。鑑定団に出したら幾らの値が付くのだろうか?
f:id:DDDtenkinzoku:20200409141549j:image(露天風呂の一部。公式HPより転載)

浴場は温泉地に来たなぁと感じるような造り。清潔感ありで綺麗。温泉は無色透明の単純泉でクセのない泉質。入門者向けの泉質だろう。

 

蒸しサウナと銘打たれたサウナは壁一面に備長炭がビッシリ敷き詰められており、清潔に保たれている。床は大理石であり、縦に長い8人ほどのスペース。プラスチック製のマットが敷かれているため、大理石に肌が直接触れることないようにしているのが考えられている。

 

目の前には柵で覆われた大理石に縦3個×横6個の穴が空いた蒸気の噴き出し口。常連のおじさんが1番奥の照明の横にある銀色の装置に水を打ちかけると、強烈な蒸気がゴボッ!という音と共にもくもくと噴出!一瞬でアチアチ状態に。なるほど、あれは温度センサーで冷えたら噴き出すようになっているんだな。

 

通常時も雰囲気、セッティングが良いのに、ハイパーモクモクタイムにしたら湯らっくすを超えるスチームサウナ。いや、県内でも屈指のクオリティであり、これほどのレベルが五木村にあるとは恐れ入る。

 

水風呂は下からチラーで冷やした水を入れており、腰までの深さ。17度ほどに冷えた水風呂は4人くらいのスペース。水が少なくなったら、脇にある穴が空いた石から間欠泉のように水が湧き出てくる。川辺川のほとりだからか、クリア感の強い水風呂。アチアチのスチームとの相性も良いし、露天あるし、全体的にクオリティが高過ぎる。

 

ちなみに、入れ替え制であり、スチームサウナじゃない日はオートロウリュ付きのドライサウナに替わるとのこと。オートロウリュも良さげな気がするため、再訪して確認したい。

f:id:DDDtenkinzoku:20200328115227j:image

館内にはレストランも併設されており、ヤマメなど清流である川辺川の名物が。やはり水が良い土地はレストランメニューもそれを活かした内容になる様だ。県内屈指のスチームサウナを味わいたい人は是非とも訪れるべき施設だ。