転勤族サウナ愛好家の小規模な生活

関西出身の熊本在住サウナ愛好家。大学進学でおんせん県、就職し彩の国→かごんま→くまモン県と津々浦々と渡り歩く。ギリギリアラサーで二児の父らしい。日々あったことをつらつらと書き連ねていきます。

しっかりとサウナ好きのツボを抑えた銘店!熊本城温泉 城の湯

熊本市中心部のやや北に位置する上熊本上熊本駅、市電、熊本電鉄やバスなど公共機関が多く、中心街へのアクセスが非常に良い。夏目漱石加藤清正小泉八雲など歴史上の人物と縁が深く、上熊本駅夏目漱石が初めて熊本に降り立った駅らしい。そんな新旧が融合した閑静な地域である上熊本にある城の湯。開業25年という歴史ある施設だが、試行錯誤してお客さんを喜ばそうと努力している所を愛でたくなる施設だ。

 

熊本城温泉 城の湯

住所…熊本県熊本市西区上熊本2丁目8-43

電話…096-352-2626

営業時間…10時~22時
入浴料…大人700円

    13歳以上550円

    7~12歳350円

    6歳以下 無料 

ホームページ…https://www.shironoyu.co.jp

 

f:id:DDDtenkinzoku:20201001212023j:image
f:id:DDDtenkinzoku:20201001212044j:image

f:id:DDDtenkinzoku:20201001212037j:image

(城の湯入口。立派な暖簾にマスコットキャラクターのジョーくんがお出迎え。家族湯もあり)

 

入口から館内はJAZZが流れて非常に落ち着いた雰囲気。館内の至る所にマスコットキャラクターのジョーくんのイラスト。このイラストは柔らかくて好き。ヤマザキさんという大阪在住のイラストレーターの作品みたいだが、噂によると大阪の名店である大東洋でバイトしてたとか聞いたことがあるが、本当かな?だとしたら筋金入りのお風呂サウナ好きじゃないか。

 

f:id:DDDtenkinzoku:20201019163935j:image
f:id:DDDtenkinzoku:20201019163923j:image(城の湯の浴場。如何にもスパ銭といった感じだが広々として良い。男女入れ替わりイベントも実施中。公式サイトより転載)

 

一階の受付で下駄箱の鍵とロッカーキーを交換したら二階の浴場へ。創業25年ということもあり、当時流行ったスパ銭らしい造りだが、清掃は行き届いている。浴場も広々とし、お風呂の種類も豊富。家族風呂もあるし、2020年10月現在では休止中だが、個室宿泊プランや学生プラン、リクライニングが利用できる休憩コースなどもあるため、様々なプランが復活したら宿代わりにするのもありかも。中心街へも近いし。

 

浴場は城の湯のアピールポイントなどを書いてあるお知らせが張り出されている。こういう手作りでアピールしてる感じは悪くないし、アクセントになると思う。あんまりごちゃごちゃし過ぎても良くはないと思うけど、マスコットのジョー君を活用しても面白いかも?

 

また熊本では珍しい不感湯があるのもポイント高い。サウナ→水風呂→不感湯というパターンは大好きだから、市内でこれを味わえるのは最高だ。不感湯内にデッキチェアを設置されたり、色々と楽しんでもらうような工夫をしているが素敵だ。ちなみに、城の湯調べによると日本初の不感湯を設置したのは城の湯らしい。すごいね!


f:id:DDDtenkinzoku:20201019163927j:image
f:id:DDDtenkinzoku:20201019163931j:image(露天風呂も広々で熊本の都心部近くとは思えないスペース。ここでの外気浴が非常に良い。公式サイトより転載)

 

サウナは90度ほどであり、30人くらいは入れる大きさ。中湿〜やや低湿という感じだが、温度がそこまで高くないため、ピリッとした感じはなくマイルド。ストーブはオリンピア製ガスストーブ。TVのチャンネルは固定。こういうスパ銭のサウナにはTVが似合うし、見ながら入りたい。熱圧も充分だし、オーソドックスというかバランスの良いサウナだ。照明の加減も良いし。サウナ内にジョー君がサウナの入り方をレクチャーしているイラストが新しく貼ってあって可愛らしい。サウナマットの1時間ごとの交換も好印象。


f:id:DDDtenkinzoku:20201001212049j:image (毎週金曜日にはサウナの日イベントを実施。これまた非常に良いサウナ、水風呂のセッティングで是非訪れて欲しくなるイベントだ)

 

水風呂は上手く言えないがサウナとのバランスが丁度良い。20度ほどで決して低くはないから温度至上主義の人には物足りないかもしれないが、地下水だから塩素臭さも無いし、丁度良くゆっくりと冷やされる感じ。妙にサウナとの相性が良いのが不思議。膝丈くらいの深さだから座った時に丁度肩まで入れて、体全体を肌触りが柔らかい地下水が包み込む。施設全体として決して尖っていないが、ツボをしっかりと抑えてくる感じが非常に良い。まさに職人のような仕事をきっちりこなしてくれるタイプだ。

 

また金曜日に実施されるサウナの日にはサウナの温度、水風呂の温度の設定が変わり、これがまた非常に良いサウナと水風呂になるのである。城の湯のサウナを味わったことのない人はサウナの日イベントだけでも是非体験して欲しいと思う。

 

外気浴スペースも広々でインフィニティチェアまで設置。また城の湯の外気浴の魅力は何よりお腹が空くこと。下にあるハンバーグマンというハンバーグ・ステーキ専門店+近くの焼肉屋から漂ってくる肉の焦げる匂いが堪らなく食欲を唆る。ととのった状態で嗅ぐのは空腹感を加速させる危険すぎる香りだ。熊本一お腹が空く外気浴を味わって頂きたい。

 

Twitterなど公式SNSでもサウナ好き、温泉好きと活発な意見交換を交わし、少しずつ出来るアップデートを試行錯誤している城の湯の姿勢もとても好印象。超有名店の後塵に拝してきたが、あがんなっせ然り、城の湯然り、創意工夫からのレベルアップは熊本全体の底上げにも繋がるはず。これからの城の湯に期待せざるを得ない楽しみな施設だ。